どんな医薬品がいいの?

医薬品には大きく分けて一般医薬品と医療用医薬品に分けられます。その医療医薬品の中には現在ではジェネリック医薬品も含まれます。では、どのような医薬品を実際に用いればよいのかをこちらではご紹介していきます。

医薬品について説明する女性

医薬品の分類について

医薬品は、その販売が国によって規制されることによって、使用者の安全性が確保されています。このようなことから、安全性の程度や他の事情によって、規制の強いものや弱いもの、あるいは特殊なものに分類されます。規制は、入手先の制限と販売者の説明義務や陳列におよびます。まず、医薬品は、大きく3つに分類されています。1つ目として「薬局医薬品」は、医師の処方に基づいて入手可能な「医療用医薬品」と薬局が単独で販売可能な「薬局製造医薬品」に分類されます。前者は、保険を適応することが可能な調剤薬局や院内で調剤されるものを指し、後者は、いわゆる漢方薬局で購入するものも含む、薬局において製造されたものです。一般に「薬局製剤」と呼ばれています。2つ目として、「一般用医薬品」として、その安全性と規制の程度によって、薬剤師によってのみ販売可能で消費者の手に触れないように陳列する必要のある「第1類、登録販売師であっても販売可能だが消費者の手に触れないように陳列する必要のある第2類、登録販売士であっても販売可能で陳列に大きな規制の少ない第3類医薬品と分類されます。3つ目として、厚生労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を聞いて指定する「要指導医薬品」があります。これは、医療用として使用されていたものが一般用としてスイッチされたものや劇薬に指定されているものを指します。また、インターネットによって入手可能なのは、第1類と第2類、第3類というのは有名ですが、薬局製剤であっても可能です。その他については、安全性の確保のため、薬剤師による対面による販売となっております。その他、様々な規制があることによって、他国と比較して国内の健康被害が少ないことにつながっています。
■医薬品を手に入れるのには、病院での処方以外に通販などもあります
ネキシウム